なぜ国産小麦?

最終更新: 2019年8月1日

鎌倉トキワパンでは小麦粉はすべて国内産(北海道産)を使用しています。

店を始める際に国産小麦を選んだ第一の理由は海外からの長距離輸送時に小麦の防虫防カビ目的で使用される強力な収穫後農薬(ポストハーベスト)による健康への心配が無いからでした。加えて最近の北米では収穫直前の小麦に対して除草剤を噴霧するという大変な懸念を感じる栽培方法が当たり前のように用いられるようになり、そのために収穫時点での残留農薬検査基準も数十倍に引き上げられています。日本国内の小麦栽培農家のお話では『小麦に対する残留農薬の検査は米よりもさらに厳密に実施されているよ』と伺っており、毎日のようにパンを召し上がるお客様(特に育ちざかりのお子様)は勿論ですが一日中小麦粉まみれになって働くパン職人にとっても最良の選択と信じています。

かつて製パンには不向きとされていた国産小麦も農業関係者の努力により近年目覚ましい進歩を遂げ、味、香り、風合いなど品種ごとの特徴を生かすようブレンドされた小麦粉から焼きあげられたパンは輸入小麦を凌ぐようになりました。とは言え国内全体の製パンにおける国産小麦のシェアはほんの数パーセントでしかなく、製パン用に製粉された小麦粉の価格はその流通量の少なさから輸入小麦に比べると2倍から3倍前後に及ぶ価格の開きがあり、焼きあがったパンの価格にも表れてしまいます。やっとの思いで進歩を遂げた国産小麦も今後は外圧にさらされる事が避けられないご時世になりつつある様ですが、美味しくしかも安全なパンを食べる幸せ、作る喜びを守って行ければと考えています。


ADDRESS

〒247-0073

神奈川県

鎌倉市 植木356-2

HOURS

 

火曜~日曜 OPEN

10:00〜19:30

CONTACT

 

Tel: 0467-44-2450

 

​お問い合わせフォーム

©2018 Kamakura Tokiwa-Pan

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now